管内5000頭が生み出す八ヶ岳ブランド


  1. HOME
  2. おいしさの秘密
  3. ヨーグルトができるまで

おいしさの秘密

ヨーグルトができるまで

工場での受入貯乳

*受入

所定の受入検査を行い、合格したもののみを受入ます。細菌数や温度・風味・乳成分などの検査を行います。

*清浄化

プレートクーラーによって瞬間的に温度を5度以下まで下げます。

*冷却・貯乳

使用するまでの間は、ストレージタンクという貯乳タンクで5度以下で貯乳します。

ドリンクヨーグルト製造工程

ハードヨーグルト製造工程

*調合

牛乳と砂糖・乳製品などを規定量混合します。

*調合

牛乳と砂糖・乳製品などを規定量混合します。生乳100%の場合は加えるものはありません。

*均質化

ホモゲナイザーで牛乳に圧力をかけて小さな穴を通す事で、牛乳の脂肪やその栄養を細かくして消化吸収しやすくしています。

*加熱殺菌

熱を加えて殺菌します。熱を加えても栄養は変わりません。

*冷却・植菌

42度まで冷却し、ヨーグルト菌を混合します。

*充填

容器に充填しアルミでふたをします。植菌した温度を下げないように注意し、手早く行うことが必要です。

*発酵

42度前後で所定の時間発酵させます。
規定の酸度になると乳酸菌が増殖しヨーグルトができあがります。

*冷却・貯蔵

発酵を止めるために10度以下まで冷却し貯蔵します。温度を下げないと発酵が進み、酸っぱくなくなってしまいます。

*破砕

ヨーグルトはカードといって、固まっているのでホモミキサーを使い飲みやすい液状にします。

*充填

プラスチックボトルに充填し、アルミでふたをします。

*梱包

ダンボールに詰めて梱包します。

*梱包

ダンボールに詰める場合もありますが、専用容器でそのまま出荷されます。

*製品検査

安全を確認する検査で、合格したものだけが出荷されます。

*冷蔵保存・出荷

製品は、冷蔵庫の中で保存され、それぞれの出荷先に納品されます。

小売店・消費者

*小売店

スーパーや生協では
納品されたヨーグルトを
冷蔵ケースで販売します。

*消費者

冷蔵庫に保存し、おいしいヨーグルトを毎日いただきましょう!

▲ページの先頭へ